MENU

アフターピルの連続服用はOK?

アフターピル

まさかの時の備えとして手元に置いてあるアフターピル、ついつい頼りにしてしまって日にちをいくらも空けずに使ってしまう…という時には、「続けて飲んで、本当に大丈夫なんだろうか」って思いますよね。

 

アフターピルは体のホルモンバランスを一時的に強力に変えるものですから、働きをよく知らないと弊害が気になるところです。連続服用や頻繁に服用する事例についてまとめています。


アフターピルは連続で飲んでも大丈夫なのか

アフターピル

アフターピルは、それを服用でして避妊に失敗した後に妊娠を阻止するために使われるお薬です。

 

アフターピルに含まれる主な成分は女性ホルモンで、大量の女性ホルモンが含まれているので、体内のホルモンバランスが一時的に大きく乱れてしまいます。そのせいで、排卵が遅れたり卵子が受精できなくなったり、また受精していても子宮内に着床しにくくするという効果があります。

 

服用して数日〜1週間以内に消退出血と呼ばれる出血があります。いつもの生理と同じような感じなのですが、生理ではありません。この出血があって初めてアフターピルの効果が確認できます。

 

ここで問題なのは、この消退出血を確認しないままに、再度避妊に失敗してしまった場合です。実はこのタイミングでの避妊失敗にアフターピルの効果は期待できません。というのは、アフターピルの服用で急激に女性ホルモン濃度が上がって、数日でまた急激に下がる影響で子宮内膜がはがれて消退出血があるのですが、それ以前にアフターピルを再度飲むと女性ホルモン濃度が高いままになってしまうので、子宮内膜がはがれないままになってしまい、消退出血も起きません。

 

アフターピルの服用の意味がなくなってしまう可能性があります。最低でも、消退出血をちゃんと確認してからの服用であれば、問題ないと思います。アフターピルとは、あくまでも緊急避妊ピルなので、安易な連続服用は避けてください。

 

アフターピル

 

 


度々服用するのは大丈夫?

アフターピルの成分は女性ホルモンなので、それそのものに強い薬効があるわけではありません。ですから、何度も服用したからと言って、将来の妊娠や出産に影響を与えるものではないので安心してください。

 

アフターピルの存在がなければ中絶という辛い選択を迫られるかもしれないところなので、アフターピルに頼ることは女性の心身と将来を守る大切な手段だと思います。ですから、服用を迷う必要はありません。

 

ですが、頻繁に避妊に失敗する可能性があるのでしたら、低用量ピルを服用するなどしてきちんとした計画をするほうが精神的にも安心なのではないかと思います。

 

何と言っても、わが身は自分で守るという意識が大切ですね。

 

アフターピル